Mercedes-Benz

IntelligentDrive

クルマが知性を持てば、世界から自動車事故を無くせるか?未来の話ではなく、今の話。

メルセデスは、インテリジェントドライブへ。

メルセデスの本気。The C-Class スペシャルサイトはこちら
次のページへ

IntelligentDrive 01

100kmを自動運転で走破

メルセデス・ベンツでは2013年8月、「S 500 インテリジェント ドライブ リサーチカー」による自動運転実験を実施し、都市間および市街地ルートにおける自動運転の実現可能性を自動車メーカーとして初めて実証しました。

Play Movie

IntelligentDrive 02

あなたを、守る。世界初「24GHzミリ波レーダー」

Radar Safety Package

Play Movie

IntelligentDrive 03

渋滞が、楽になる。

ディストロニック・プラス

Play Movie

IntelligentDrive 04

衝突事故を、防ぐ。

PRE-SAFE®ブレーキ

Play Movie

IntelligentDrive 05

より快適に

凸凹でも、揺れない。

Play Movie

車線から、はみださない。

Play Movie

駐車場に、ぴたり。

Play Movie

IntelligentDrive 06

さらなる安全へ

飛び出しによる事故を、防ぐ。

Play Movie

常に後ろを監視する。

Play Movie

夜でも、見える。

Play Movie

IntelligentDrive

歴史を塗りかえる。

閉じる

ちょうど125年前1888年8月5日、創設者カール・ベンツの妻のベルタ・ベンツは、マンハイムからプフォルツハイムまでの全長約100km世界初の長距離走行を敢行しました。

プフォルツハイムの町に到着したベルタたちの車の回りには人々が集まり、賞賛の声が。

世界初の長距離自動車走行として知られるようになりました。

そしてそれは同時に、「ベンツ・パテント・モーターカー」の日常の足としての適性を実証し、自動車の世界的普及への道を切り拓くことでもあったのです。

それから125年、メルセデス・ベンツはベルタと同じルートをたどりながら、ベルタに勝るとも劣らない、未来を拓く偉大な取り組みに成功しました。

メルセデス・ベンツでは 2013年 8月、ある歴史的ルートで「S 500 INTELLIGENT DRIVE リサーチカー」による自動運転実験を実施し、都市間および市街地ルートにおける自動運転の実現可能性を自動車メーカーと して初めて実証しました。

実験ルートはベルタが世界初の長距離走行を敢行した際とまったく同じ道。
21世紀の今日では、ベルタの長距離走行時とは違い、交通量も非常に多く Sクラス INTELLIGENT DRIVEの自動 運転機能は、交通信号やロータリー式交差点、歩行者、自転車、路面電車などが錯綜する多くのシーンを切り抜ける必要に迫られました。

その中での成功は、自ら動くクルマ(自動車)を超え、自動的に運転するクルマ(自動運転車)を目指す上で達成された 1つの大きな業績として位置づけられます。

注目すべきは、未来につながる今回の成功は、莫大なコストをかけた特殊技術ではなく、 新型 Eクラスや新型 Sクラスにすでに搭載されている技術に非常に類似 した、量産段階に近い技術を用いて成し遂げられた点です。

またそうした技術をAクラスなどコンパクトなクルマにまで搭載する取り組みを行っています。

メルセデス・ベンツの目指す“INTELLIGENT DRIVE“は、今回実験に利用した全方位にわたる高精細な視野、様々な状況に的確に対応する高度な知能といった技術を用い、そしてさらに精度を獲得しつつ、自動車の未来に新たな指標を提示する先進のドライビングを提供します。

閉じる

インテリジェントドライブを体現する革新の機能。世界初「24GHzミリ波レーダー」であなたを守ります。

レーダーによって車の周りの物体を、より正確に把握します。
レーダーは天候や昼夜の影響を受けにくいため、視界が悪い状況においても能力を発揮します。
レーダーは進化した安全運転支援システムとアクティブ/パッシブセーフティーのための“キー”となる技術です。

「100km自動運転」では、市販車と同じレーダー技術が使用されています。

レーダーセーフティパッケージはドライバーの安全運転を前提としたシステムで、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。
このシステムは走行中の状況により、認識性能・制御性能に限界がありますので、システムだけに頼った運転は行わず、安全運転を心がけてください。
レーダーセーフティパッケージをご使用の際には必ず取扱説明書をお読みください。

PRE-SAFE®ブレーキは、7km/h〜200km/hの範囲で前方の車両や障害物と衝突する可能性があると判断した場合に作動し、
自動的に減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を図ります。ただし、歩行者や小型の障害物には反応しない場合があります。
また、路面状態(雨で濡れているなど)や気象等(雨や霧など)の条件によってはシステムが作動しない場合があります。
同じ周波数帯のレーダーを使用している電波望遠鏡施設の周辺では、BASプラス、PRE-SAFE®ブレーキ、アクティブブラインドスポットアシスト、
ディストロニック・プラスは自動的に機能が解除されます。

レーダーセーフティーパッケージ搭載モデル

閉じる
A-ClassB-ClassCLAGLAC-Class SedanC-Class StationwagonC-Class CoupeCLSE-ClassGLSGLCGLES-ClassSLSLKV-ClassMercedes-AMG GT
Radar Safety Package について詳しくはこちら
トップへ戻る前の画面へ戻る次の画面へ進む