Intelligent Drive
Mercedes-Benz The best or nothing.

1886年メルセデスが発明した自動車によって人間は行動範囲を大幅に拡張することができました。
その後1939年より現在に至るまでメルセデス・ベンツは、徹底的にドライバーのストレス軽減と快適性を含めた安全性の研究を続けています。

1888年カール・ベンツの妻ベルタはマンハイムからプフォルツハイムまでの長い道のりを、自動車で走破する快挙を成し遂げ自動車史にその名を刻みました。
それからちょうど125年後、自動運転の未来を開くためメルセデス・ベンツは当時ベルタがたどったルートで自動運転実験走行を実施。使用した車両は自動運転リサーチカー、S 500 INTELLIGENT DRIVE。
周囲と隔離されたテストコースや高速道路を初めて離れ、郊外道路や21世紀の市街地を安全に走行することに成功。

Mercedes-Benz Safety Technology

Owner’s Voice

清水 和夫 × Mercedes-Benz E-Class

歴代Eクラスに基づくエピソードや、
事故体験を通してのEクラスの安全性について。

Eクラスには安全に対するメルセデスの哲学と、最新技術が脈々と引き継がれている。なぜか? ワールドプレミアローンチ試乗の際、事故を体感したときの原体験(サイドエアバッグの重要性)を通して感じたEクラスの安全性や、安全技術部門のキーマンによる妥協無き姿勢。そしてメルセデスの安全に対する意識、取り組みの早さを痛感。そんな安全哲学が、最新技術が新型Eクラスには毎モデルで奢られているという点。今回の最新型はまさに7代目Eクラス、8代目、9代目から乗り換えていいなと思える安全装備が充実。それは同氏が好きなメルセデスのクルマ、当時の7代目再来を思わせる。

レーシングドライバー 谷口 信輝 × Mercedes-AMG A 45

安全啓蒙のハナシ。

まずAMG 2台を乗り継ぎ、現在3台目を所有するA 45 AMGの刺激的なところ、その動力性能について。そしてレーシングドライバー谷口選手が考えるイイクルマの定義とは?「自分の意のままに操れる=快適なクルマ=イイクルマの条件」。実はこれこそ、谷口選手が考える、安全運転理論。レーシングカーと対話ができるという、同氏の五感を刺激するのがメルセデスのクルマ。大抵は快適装備や機能を充実すると「意のままに操る」ことが難しくなるが、メルセデスというクルマは、そのフィーリングをしっかり乗り手に伝えている。また、近年の安全デバイスの機能に甘えず、自分の能力を高めるのも、メルセデスの安全デバイスをさらに高める効果的な方法のひとつ。あくまで運転手が責任をもって、自分で操って運転をすること。そして、そんな安全運転が啓蒙できるような学校や施設を社会に広げていきたい。

モータージャーナリスト 河口 まなぶ × Mercedes-Benz C-Class

常に最新の技術を搭載するCクラスの
安全性について。

自身にとってクルマを見比べる際のベンチマークであり、世界的なベンチマークでもあるCクラス。また日本の道路事情にもマッチするサイズ感と価格帯もその魅力のひとつ。数世代に渡って歴代Cクラスを乗り継いできたからこそわかる、河口氏から見た歴代Cクラスの変わったところと、変わらない部分について。また、技術や安全性の進歩、装備の充実度を遍歴ごとに展開。特にCクラスの安全装備があったからこそ助かったなど体験エピソードを交えながら、ESPやディストロニック、ACCの魅力に触れる。

Topics

About Intelligent Drive.